「スプレッド」とはFX投資は通貨をトレードして差益を生む商取引です。78-18-50

売買の注文の価格は二十四時間変化しています。78-15-50

それがレートです。78-9-50

テレビのニュースをみていると、ドルやユーロの為替の情報が流れることがあります。78-16-50

「為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。78-2-50

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという事を示しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを言い表しています。78-20-50

トレードには買値と売値の両方の値が存在している事を表しています。78-4-50

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と示しているFX取引会社も存在しています。78-7-50

通常は買値よりも売値が安くなっています。78-12-50

実際に買うときには高く、売るときには安くなっています。78-14-50

その差をスプレッドといい取引業者の儲けといわれています。

スプレッドは取引会社によって変化します。

スプレッド幅は自分自身にとってコストになるので狭い業者を選択するほうが有利になります。

ただ、同じFX会社でも状況に応じてスプレッドは広くなったり狭くなったりします。

仮に通常時はドルと円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの広さだとしても、為替の上げ下げがかなり大きい場面では大きくなる事があります。

なので、スプレッドが低いのと合わせて、変化しないということが必要です。

変化しないスプレッドの広さを表示する取引会社も存在します。

リアルに取引会社の取引画面の上で現実の市場を見て確認しなければ評価できないので面倒くさいですが、大切な事です。

大切な財産を投入して売買をしますので、本物の売り買いの前に心惹かれたFX業者の新規取引口座開設を積極的にしてスプレッド幅を見ておきましょう。

同じ通貨のペアでも、その場面での状況によってスプレッド幅は変化します。

普通は、銀行間取引市場で売買高が多い通貨ペアではスプレッドの幅が小さく、それ以外の通貨ペアではスプレッドの広さが広くなる傾向にあります。