民事再生はマンション等のローンを含めて多重債務に苦しむひとのために、マンションを手放さずに金銭的に立ち直るために法的な機関による謝金の整理の方法として適用された制度です。77-16-50

民事再生制度には、自己破産制度とは違い免責不許可となる条件はありませんので、ギャンブルなどで債務が増えたような場合も問題ないですし、自己破産により業務ができなくなる可能性のある業界で働いているような方でも民事再生は行えます。77-13-50

破産の場合は住んでいる家を対象外にするわけにはいきませんし特定調停等では、圧縮した元金を支払っていかなければなりませんので住宅ローンなども返しながら完済するのは現実問題として難しいと思われます。77-12-50

しかしながら、民事再生を採用できれば住宅ローンを別とした負債については少なくない負債を圧縮することが可能なため、余裕を持ちながら住宅ローン等を返しながらそのほかの借入金を支払っていくこともできるということなのです。77-7-50

いっぽうで、民事再生は任意整理または特定調停と違い一定の負債だけを切り取って処理していくことは無理ですし破産の際のように借り入れ金がなくなってしまうわけではありません。77-17-50

さらには、それ以外の債務整理と比較して手続きの方法が簡単ではなく期間もかかりますので住宅のローンを持っていて住居を維持していきたいような時以外において破産等その他の方法がとれない場合における限定された解決策と考えた方がいいでしょう。77-15-50

77-19-5077-20-5077-4-5077-10-50