FX取引の経験の浅い方がFXの勘所を理解するにはまず初めに取引を繰り返すことが必要です。テレフォンセックスの伝道師

特に、未然に危機を察知できるようにするには間違いを積むことも体験のひとつです。本や旅行の日記

無論、間違いをするといっても元に戻せないほど致命的な間違いをする事は問題外です。

取り返しが付くケアレスミスを何回か経験することが、最終的に自らのレベルを上げてくれるはずです。

これを考えると、まず最初は少ない額でトレードを行ない、これによって何度か簡単な損をすることが必要です。

100万円しか投資する事が出来ない状態で、はじめから100万円を全額使ってトレードすると、負けた時、永久に元に戻せない恐れがある。

それより、ひとつの例として10万円ずつ小分けしてトレードを行ないこれで勝ち負けを繰り返したほうが所徐に間違いを補う術なども学んでいくはずです。

わずかな額でエントリーする事の良い点は、先ほど書いたように、自らの経験を増やし、ミスを減らす術を学習していく事にありますが、合わせて、注文の回数を多くする事で危険性を減らす事ができるという良いところもあります。

例として、1度のトレードで勝てる可能性が50%とします。

同じく5割の確率で損する可能性もあります。

勝率50%ということは半分の可能性で勝利できる事を示しています。

ですが、全ての資金を投資して1度のみのトレードをするということは100%の勝ちか、100%の負けかのいずれかになります。

このままではただ1度のギャンブルと同じです。

これは、全てのお金を投入して1回だけしか売買しないとそれだけ損が生じる比率が高まってしまうのである。

これを回避するために、お金を全額使うのではなく、少しずつ分けて、機会を積み重ねる事がリスクコントロールとなります。

だからといって数回に分けたとしても、すべてに勝利する事は不可欠ではありません。

むしろ、勝つことが出来ないのが実際のところです。

勝負で重要なのは勝ち負けの回数ではなく、どれだけ利益を出すかです。

勝率が50%でもまた勝率3割でも儲かる時は儲かります。

それ以上負けてもその収益がわずかならば少ない勝利の儲けの大きさでうまく稼げます。

そのために必要な事は、損を少なくして、儲けを大きくして忘れない事です。

損が出たら素早く損切りして、反対に勝った場合は可能な限り大きく稼ぐ事が、FX初心者がFX投資で儲ける極意です。