外国為替証拠金取引(FX)の面白さは、たった一つの投資の商品であるが、投資期間を「短期」「中期」「長期」という3種類の期間からどの種類をセレクトするのかということにより投入の仕方がまったく異なってくることにあります。クレジット会社から借りることも可能

まず外貨投資する「長期の投資」について見てみましょう。マイクレ

長期のスタンスとは一年以上の出資を基本としているのが普通です。

だいたい為替相場で一年以上後の為替相場が円高か、反対に円安かどうかを推測することは、たいてい苦難に近いです。

正直なところ「それほど先の未来のことは考えられない」と思うのが現実だと思います。

予測もできないことを一生懸命に予想しようと努力したところで意味のないことです。

そのことから、他国の貨幣を買った場合、その時のレートよりも円が高くなったとしても、しばらく経てば円安になるはずだという程度の感覚で売り買いに臨む必要があります。

差益を無理に大きくすることではなく、その他の儲け、つまりスワップ金利を大きくすることを、望みということにして始めましょう。

当然ちょっとの期間で為替の差損に損失が非常に大きくなることがあります。

そういったことからこのような損失が大きくても耐えられるようにレバレッジを必要最小限に抑えるのが必要です。

外国為替証拠金取引は、為替差損が決まった範囲を超えて大きくなると追加保証金を求められたりもしくはストップロスになったりします。

損切りを置いたら、そこで売り買いをフィニッシュすることになり、長期のトレードがダメになります。

この種のリスクを回避するには、レバレッジ2?3倍ほどで取引するのが安心かと思います。

次は中期のスタンスのケースのトレードに関してです。

中期の投資のケースでは1?2ヶ月ばかり後を予測してのやり取りなのです。

為替取引の際は、約1ヶ月先のことであれば、ある程度、先読み可能と考えられます。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)を始めとした会議や、マーケットに参加している人たちがどのようなポイントに着目しているかを見てみればだいたいの場合予測できると思います。

経済情勢を見る一方で、チャートを見ることで為替の相場のレベルを理解し取引を見極めるべきです。

基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とジャッジのどっちも良い状況でありあるいは買い傾向が一致している時はまず思った通りに動いていくと考えて大丈夫です。

その場合持ち高を増やすことによってもっと多くの利益を獲得できるのはほぼ間違いないでしょう。

第三に短期のポイント。

この短期スタンスが示しているのは、いわゆるデイトレーディングのことを意味しています。

為替相場でデイトレーディングを行うにあたり、経済情勢は影響がないと断言できます。

なぜかというと明日の為替相場の動向に、経済の状況は無関係だからです。

この場合コツは大きい行事があることで、それに影響されてレートが変化する一瞬を見過ごさないよう取引することです。

たとえばアメリカ合衆国において雇用者の統計が発表される、それとも金融政策などによって金利が変化するといった催し。

このようなチャンスに変動を逃してはいけないといった意味合いで、短期のトレードは様々なデータが必要になる。