カードを利用していると月ごとに、クレジットカード会社から利用明細書が届きます。

その利用代金明細を見るよう習慣づけていればどこのショップで何時何分にどの商品にどれだけ利用したのかについての詳細が記されているためこれまでカードを使用した決済の履歴を確認することがとても明快で実用的でもあります。

代わりとするのは目的から外れるため困難だろうと思いますが簡単な出納帳風にまとめることもできるため家計管理にももってこいです。

このカード利用明細の案内があってから通常は半月ほどで請求金額の送金がなされます。

つまり手元のカード利用明細書を確認してみて、思わず疑わしい記録例えばもし行ったこともない国がリストにあれば、コールセンターに電話をかけて調べてもらえば済むことがほとんどです。

盗用カードによる不正使用等の異常な支払いが判明したようであっても、カード所有者に問題がない限りは通常の事例ではクレジットカード会社がそうした正当でない支払いを補償してくれます。

近頃ではこの価値の高い利用代金明細をWEB上で一覧できる会社が増えてきています。

いつ何を利用したか確認しておく決まりにしてカード犯罪を防止することをはじめとして家計簿ともなり資産管理といったことも一つで可能になります(インターネットでクレジットカードの履歴をリストアップすることができるところは過去の決済履歴や決済可能残高等が見ることがOK)。

カードはカード利用以外の視点からも十二分に力になる手段と言えるでしょう。