借入についての返済内容というものはクレジットカード会社それぞれで相当ずれがあり、いろんなやりようが採用されています。80-14-50

一般的にはスライド法やリボルディング払い方法などが選ばれているようです。80-19-50

またこうした誰しもがご存知のリボ払いですけれども本当のことを言えば算定方式には様々な方法といったものがあったりするのです。80-4-50

またそんな方法に応じて返済トータルが変わってしまいますので、理解していて損はないでしょう。80-6-50

しからば簡単に両者の形式の相違について解説していきましょう。80-11-50

一つは元金均等払いで、二つめは元利均等払いです。80-10-50

それぞれその名のとおり、元金に関してを一様に払っていくのと元本と利子に関してあわせて均一に払っていくという手法です。80-17-50

今回は仮に10万円を借りたと設定して、如何様な計算をしていくのかやってみます。80-13-50

利率はいずれも15%として考えます。80-5-50

更にリボルディングなどの額を1万円として計算します。80-7-50

取りあえず元金均等払いからです。

かかる場合の初回の支払に関しては1万円に利子分1250円を合計した支払額となります。

その次の支払については1万円へ金利分の1125円を加えた金額になります。

こうして総回数10回にて引き落しを終了させると言う方法となります。

これに対して元利均等払いとははじめの返済については1万円で元本に8750円、利息に1250円というようにして分配するのです。

2回目の返済に関しては元金が8750円に減少した状態で金利を算定し1万円を更に割り振りをします。

詰まるところ元利均等払いの場合では10回で引き落しが完済しないといった計算になってしまいます。

たったこれだけのずれで二者がどのくらい異なっているかがたっぷりとご理解頂けたことかと思います。

元利均等とは元金均等と比べ明瞭に元本が縮小するのが緩慢といった短所があるのです。

則ち利率というものを余分に返済するというような状況になったりするのです。

一方で、最初の支払いが小さな額で済んでしまったといったプラスも存在したりするのです。

こういった返済形式のずれにより引き落し合計金額は相違してくるのであなたの返済計画に合った使い方を採用するようにしていってください。