クレジットカードが不必要になった…そうした時はサービスの使用不可能化(しようふかのうか)をしてしまいましょう。77-12-140

講釈は不必要だと思われますが、カードの機能停止とは本人がちょうどそのクレカを二度と買い物などに行っても使用出来ないようにすることを言います。77-17-140

この一節の中で無用なカードの機能停止の仕方から契約解除に関する要点などを明快に解説して参ります。77-6-140

この文章を理解して下されば契約解除における疑問がきれいさっぱり忘れて心安らかになって頂けることだろう。77-20-140

はっきり断言してしまうことになりますがカードを使用を中止する仕方はとても早く済みます。77-11-140

「クレジットに一回加入したらたやすく使用を中止するのは骨が折れるのではないの?」または、「クレジットの使用取りやめの願い出が複雑?」と思い込んでしまう使用者も多数いるという話だと聞いているが、拍子抜けすることにクレジットカードの機械読み取り側に印字されているカスタマーセンターに電話をした後クレカ契約解除の意思を確認するのみで使用不可能化ができます(約3分ほどの手続きで出来てしまいます)。77-15-140

クレジットを登録する場合はあんなにも手間だったけれども契約解除の手順は数分の電話で終了しちゃうの?という具合に肩すかしにあってしばし呆然とする人もいるでしょう。77-3-140

正真正銘解約事務手続きは簡単に完了できるのでしょうか?おっしゃる通りです。77-8-140

カード会社における無効化の手順は珍しい例外を入れなければ契約解除のために取り寄せなければいけない紙もない上に無駄に引き止められるような面倒もない。77-1-140

全く一回「持っている●●クレジットサービスを解約したいのですが!」と相手の係の人に対して話すのみで問題ありません。77-10-140

実際、私の妻も過去に30枚を越えるほどのクレジットサービスを無効化するために電話し続けてきたのですがひとたびたりとも使用不可能化に際してわからなかったような場合は経験していないわけなのでその悩みについては不安に思わないで問題ありません。

詳しい人を通じて聞いた、誰かが実際に体験したという話によると使用不可能化を行おうと電話したところ理由がどんなことによるのか確認されるという例外的なやり取りがあったということですが、単純に聞き取り調査という雰囲気の質問だったとのことで、再考を迫られる手間も知る限りないと考えられます。

万が一理由を質問されたという場合でも気を遣わずに『年会費がもったいないから』とか『他のカードサービスの方が便利そうなので』と言う具合に話してしまえばおしまいです。