「スプレッド」とは外為は通貨ペアをトレードして利益を上げる商品です。取引の価格は、1日中変動しています。それが為替レートです。インターネットでニュースをみているとドル円やユーロ円の為替相場の話題が流れる時があります。例としてあげると、「ただいまのドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという訳ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを言い表しています。要するに、売り買いには買いと売りの2個の値があるという事です。売値、買値の事を別の言い方で表示するFX業者もあったりします。平常時には売値の方が買値よりも安価になるものです。実際に買値は高く、売値は安くなるものです。その差額をスプレッドといい、FX取引会社の儲けの一部になっています。スプレッドの広さはFX会社によって変わります。スプレッドの幅は利用者にとって費用になるので、小さいFX取引会社を選んだほうが儲けられます。ただし、状況によってスプレッド幅は変化します。仮定としてドルと円の組合せでわずか1銭のスプレッド幅とは言っても、為替の上下が激しい場合には1銭よりも大きくなります。という訳で、スプレッドが狭いのと同じくらい固定している事が大事です。最近では変わらないスプレッドの狭さを見せるFX業者も数多くあります。現実に取引会社の取引画面上で実際の相場を確かめなければ判断できないので面倒ですがとても大事な事です。重要なお金を使って売買しますのでリアルなトレードの前に、関心がある業者の新規取引口座開設をして、表示されているスプレッドの差を知っておきましょう。同じ通貨ペアでもその瞬間の市場の条件によって通貨のスプレッド幅は異なります。普通は、銀行間取引で取引高が多い外貨ではスプレッドの広さが小さく他の通貨ではスプレッドの幅が広くなるのが普通です。