遠まわしに使うクレジットの仕方は単純です。クレジットを経由して直で取引できない品物をストレートに払うのではなく遠まわしに買い上げするのがより得策です。説明が簡素なのではじめにギフトカードの実例を用いて示してみたいと考えます。女性が価値のある服を購入したいと思って立ち止まっています。欲しがっている有名な銘柄のバックを扱っているお店購入しようとしてもクレジットカード払いが不可能です。ところがVISA、American Express、NICOSなどの商品券を用いるなら買う事を許してくれるといいます。ですからある個人はカードでギフト券を買い取りする事ができるギフトカード販売店に向かいクレジットカードを使ってJCB、NICOSなどの券を注文したとします。そして利用したカードを活用して買ったVISA、Diners clubなどのギフトカードを店舗に持って向かい、購入したかったブランドバックを買い付けたとします。「一体なんでギフト券で購入した人物は手間がかかる方法をしなければいけないの?」と思う事もあるかもしれませんがその実説明した手法を活用するのだったら通常だと手に入れられる事がなかったクレジットカードポイントが得られます。普通、キャッシュを支払って有名な銘柄のカバンを買い取りしたりした場合でもカードローンポイントはつきませんしMasterCard、NICOSなどの金券を現金で発注後に駆使してもつきません。しかしながら今話したケースだとAmerican Express、Diners clubなどの券をクレジットで買い付けしたという理由により、高価なバックを買い付けした状態とつりあうような数のカードポイントがつくようになります。これが段階を踏んでキャッシングを活用した事になっているため、直接商品を買うのでないクレジットカードと呼ばれるやり方です。