任意整理というのは借金の整理というように言われそれらのお金の貸し手に対しての債務の返済を継続していくことを選択する借金を整理していく方法となります。実際の手続きでは、司法書士事務所もしくは弁護士事務所貸し手と債務者との仲介役として示談し、法に従って適切な利息計算を行いもう一度計算した元金にかかる借入金利を減らす形で36か月ほどの期日で返済をしていく債務整理の対策です。任意での整理は裁判所のような公の機関が管理することはないのでそれ以外の計画と比較すると、選択した場合におけるデメリットとなる点が小さく、やり取りが借金をしている人にとってなにも頭の痛い問題になることはないため、一番初めに比較していただきたい対策ということになります。それに、貸方がサラ金みたいな大変高額な金利の場合、法律で決まっている金利などを超えて渡した借入金利においてはその元金に充当すると判断され借りたお金の元金それ自体を少なくすることだって可能です。ということから、消費者金融などの高額な利子を取るところへ何年も返してきた場合にはけっこうな支払額をカットできる場合もありますし10年くらい返済を続けている例では借金そのものがクリアーになることもあります。債務の整理の利点を挙げると破産申告と異なり特定の借金だけを整理することができるため、他に連帯保証人が付いている負債額以外について整理したい場合や自動車ローンの分以外について整理する場合なども用いることが可能ですし全ての財産を放棄してしまうことは必要とされていないので貴金属や住宅などの財産を保有していて処分したくない状況でも選択肢になる債務整理の手続きになるでしょう。ただ、手続き後の返済額と実際としての収入額を比較検討し、妥当な範囲で返済の計画を立てられる場合においてはこの処理を進めることに問題ありませんが自己破産手続きとは異なって負債自体が消えるということではないため元金の合計が大きいような場合は実際的には任意整理による方法を取るのは難しいといえるでしょう。